買取専門店大吉様

ろくろ首:ワラコワ.com

買取専門店の大吉様が本社のある新宿に旗艦店を開店するということで、壁面を大々的に使用した看板を製作し、取り付けました。

店名の知名度をUPし、SNSで写真を撮りたくなるような看板を取り付けたいとのことでしたので、弊社でインパクトのある看板の案をいくつか出させていただきました。
向かいに神社がある立地と、新宿という外国人の方も多い環境でしたので、そう言った層の方々にもたくさん見ていただけるように和風のテイストを用いたデザインを中心にご提案させていただきました。





そこで決まった案は…なんとろくろ首の看板…!?




ワラコワ.com

ろくろ首はものを追いかける習性があり、大吉様の買取とかけて買取品を気軽にお持ちいただける(追いかけさせていただける)イメージで取り入れさせていただきました。
また、「首を長くして買取査定を楽しみにしていただけるような専門店」の看板になることができればと思い、縦長の建築物を効果的に使用したデザインになりました。

ゾロリとのびた長い首は、インパクト間違いなし!

ワラコワ.com

お顔の迫力が建物の上の方にあるので、自然と建物全体に目がいってしまう…!

ワラコワ.com

ろくろ首は提灯造形になっており、他の看板も含め夜間には点灯します。

インパクトをつけつつも、大吉様のコーポレートカラーである紺色でシックなイメージを崩さないよう色数を最小限まで少なくしました。
暗闇でみるろくろ首…シックながらもあじがあります。



せっかくなので他の部分も紹介しましょう!



ワラコワ.com

入り口の上の看板も提灯造形で制作されています。

中央の提灯は大吉様のロゴを塗装し、左右2つずつはそれぞれ「大吉はお客様の為にある」「買取専門」「査定無料」「売ってよかった」と書かれた提灯になっています。
一般的な提灯は円柱型ですが、これらの提灯は出幅を考慮しかまぼこ状になっています。

ワラコワ.com

袖看板は、大吉という言葉に関係のある瓢箪の形で製作させてただきました。
袖看板は既製品ではなく指定して希望の形に製作したものなので、他店舗にはない特別な形になっております。

ワラコワ.com

ろくろ首の煙からつながる窓の部分は、窓面に設置する電飾看板になっております。
FFシートにカッティングシートを貼ったものをLEDパネル貼り付けます。

ワラコワ.com

実際に光らせると、提灯の風合いとも合った暖かい色味になっています。

ろくろ首のキセルから出ている煙なので、もくもくとした吹きだしが特徴です。

ワラコワ.com

入り口周りは紗綾形を用いたステンレスにカッティングシートを貼った装飾が施されています。

紗綾形は「卍崩し」とも言われ、卍を用いた美しい線が特徴です。
紗綾形は不断長久(絶えず長く続くこと)を表すものになっており、間口に用いることでお客様にも長く愛されるようなイメージでデザインいたしました。

ワラコワ.com

昼夜で見え方がガラリと変わるので、いつ見ても印象に残るような看板に仕上がりました。
どこから見ても目立つような、ランドマーク的ワラコワを製作することができました!



ろくろ首デザイン担当 ウラタ
トップへ戻る